シャープ、コントラスト比10万対1の液晶新技術を発表

加納恵(編集部)2007年08月22日 19時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、コントラスト比10万対1を実現した新液晶技術を開発、発表を行った。新液晶はハイコントラスト、一層のスリム、コンパクト化、140kWh/年の低消費電力と「画質」「薄さ」「環境性能」において、現行液晶テレビを大幅に上回るスペックを実現している。

片山幹雄社長 シャープ 片山幹雄社長

 発表会であいさつを行った社長の片山幹雄氏は「新液晶は、現在登場しているテレビとは段違いなものに仕上がっている」と話した。

 試作機として展示されたモデルは52型を用意。現行モデルが2000対1としているコントランス比を10万対1まで引き上げていることが大きな特長だ。リビングルームを想定した200ルクスの明るい室内でもコントラスト比3000対1(現行機種は900対1)を確保している。

新液晶テレビサイド 新液晶テレビは厚み20mmを実現

 本体サイズは、最薄部で20mm、最厚部で29mmと大幅なスリム化に成功した。現行最新機種の最薄部が81mmということから比べれば、4分の1以下にまでスリム化が図られることになる。同じく重量面でも現在約30kgある重量を約25kgにまで軽量化される。

 動画応答速度はブラウン管同等の4msec、色再現性は現行液晶テレビを上回るNTSC比150%を実現する。発売時期、価格は未定としているが、片山社長は「2010年稼働の堺工場までには量産を間に合わせたい」と話した。

新液晶テレビ試作機 会場内に展示された試作機。スリム、コンパクトデザインをいかし、壁掛けスタイル(左上)、液晶テレビを窓に見立てた借景スタイル(右上)、家具の中からテレビが現れるポップアップスタイル、坪庭スタイルの4タイプが並んだ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加