デル、PowerEdgeでレッドハットのサーバソフトを提供

文:Matt Asay(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年08月09日 14時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Red HatとDellが米国時間8月7日に行った発表によると、初の正式な「JBoss Application Platform」のOEM利用として、Dellが自社の「PowerEdge」サーバにJBoss Application Platformまたは「Red Hat Application Stack」を搭載して出荷開始するという。Red Hat Application Stackは、「Red Hat Enterprise Linux」、JBoss Enterprise Application Platform、「MySQL」などをパッケージ化したソフトウェアである。

 もっとも興味深いのは(驚くには値しないことだが)、JBoss Enteprise Application PlatformをWindowsとバンドルしたものも購入可能だということである。

 DellとRed Hatが提供するソリューションは3種類。

  • JBoss Enterprise Application Platform:「JBoss Application Server」「Hibernate」「JBoss Seam」をDellのハードウェアと組み合わせたもので、ユーザーはLinuxまたはWindowsを選択する。
  • Web Application:JBoss Enterprise Application PlatformやRed Hat Enterprise LinuxなどからなるRed Hat Application Stackパッケージを、Dellのハードウェアと組み合わせる。JavaやLAMPアプリケーションを実行するのに最適。
  • Web Edge:Red Hat Enterprise LinuxとDellのハードウェアを組み合わせたもの。このソリューションは、オープンソースOSを利用してApacheによるWebサーバ運用を行うのに便利である。

 Dell、AMD、Red Hatがテキサス州オースティンで共同作業を行う「Java Solutions Center」も注目に値する。オープンソースJava技術の開発と最適化を主眼として設立されたものである。JBossの資産について現状維持の姿勢だったRed Hatが、JBossを利用した革新的なパッケージの開発着手に動いたのは、よいことである。

 Red Hatは長い間オペレーティングシステム(OS)ビジネスに行き詰まっていたため、OSを越えて発想を拡大するきっかけになるものは、何であれ大きなプラスになる。もしRed Hatが5年後にも、OSにまつわるさまざまな問題を解決しようと、OSだけにこだわっていたとしたら、きっと停滞してしまう。

 Red Hatの一般従業員や管理職から話を聞いたところ、同社の発想にJBossが好影響を与えつつあるという。ソフトウェアの世界を偏った視点で考えるのは不健全である。JBossによりRed Hatは、より洗練された市場の捉え方を身に付けつつあるようだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加