日本通信、ドコモ通信網を活用したデータ通信サービスを申し入れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本通信は7月31日、NTTドコモに対し、iモード移動無線装置接続用パケット交換機との接続を申し入れたと発表した。

 この申し入れは、携帯電話によるデータ通信サービスを提供するための準備として行ったもの。日本通信では、iモードのプラットフォームによらずに携帯電話のデータ通信機能を利用したいという潜在的なニーズが高いと判断しており、ドコモの携帯電話からiモード・プラットフォームを経由せず、直接企業などのネットワークに接続するサービスを提供することを検討している。

 日本通信では、法人市場で携帯電話によるメールも、PCによるメールと同様に利用できること、つまり携帯電話から、iモード・プラットフォームを経由せず、直接企業のメールサーバに接続することが望まれているとしている。携帯電話によるブラウジングについても同様で、企業のイントラネットに直結することで、携帯電話をPCと同様のデータ通信端末として活用できる。

 具体的には、携帯電話からiモード公式サイトなどへの接続にはドコモの無線ネットワークからiモードサーバを経由するが、企業のイントラネットやメールサーバに接続する際には、iモードサーバを経由せず、日本通信の接続機器から専用線を介して接続することになる。

 今回の申し入れは、ドコモが公表している接続約款における標準メニューに基づく申し入れであり、ドコモ側ではすでに接続できる状態を構築済みだという。具体的なサービス提供開始日・料金は、準備が整い次第発表するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加