logo

日立、薄型テレビ「Wooo」シリーズに「iVポケット」搭載モデル2機種を追加

エースラッシュ2007年07月26日 19時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は7月26日、薄型テレビ「Wooo」シリーズとして着脱可能な別売HDD「iVDR-S」に録画ができる「iVポケット」搭載の2機種を追加、9月中旬より順次発売すると発表した。

 新ラインアップとして追加されたのは、37V型液晶テレビ「L37-X01」と、42V型プラズマテレビ「P42-HV01」の2機種。どちらも着脱可能な別売HDD「iVDR-S」を用いて手軽に番組録画ができる「iVポケット」を搭載している。L37-X01は、高精細な1920×1080表示の「フルHD IPSαパネル」に加え、秒間24コマ製作された映画フィルムの映像を秒間60コマに変換する「なめらかシネマ」機能を搭載。一方のP42-HV01は1024×1080表示の「1080 ALISパネル」を採用し、同クラスで最高水準となる高輝度1500cd/m2、10000:1の高コントラストを実現している。

 発売日はL37-X01が9月中旬、P42-HV01が10月下旬。希望小売価格はオープン価格で、当初月産台数はそれぞれ5000台を予定している。

説明 「L37-X01」(左)と「P42-HV01」(右)

-PR-企画特集