DACなど、Second Lifeの日本語都市“JAPAN Islands”で広告サービス展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)と子会社のスパイスボックスは7月18日、「Second Life」内の日本語都市“JAPAN Islands”で「広告サービス」と「プロモーション支援サービス」を開始した。

 JAPAN Islandsは、スパイスボックスが現在Second Life内で展開している日本語都市。一部の土地をユーザーに無料でレンタルし、ユーザーの積極参加を推進するとともに、企業を誘致することでユーザーと企業の新しいコミュニケーションの場を提供しているという。

 今回、開始される広告サービスは、JAPAN Islandsで、商品の3Dオブジェクトを掲載する「SLPP」、広告看板を掲載する「SLBB」、動画表示可能な広告看板を掲載する「SLBBM」の3種類。

 販売は、DACが広告会社を通じて行い、8月1日から掲載を開始する。価格は、掲載期間2週間でSLPPとSLBBMが15万円、SLBBが10万円から。

 プロモーション支援サービスは、スパイスボックスが実施し、企画立案からSIM取得、建物建築、コンテンツ制作、イベントの開催・運営まで、さまざまなメニューで企業のプロモーション活動をサポートする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加