logo

経年劣化が早く進行--NEC、無線LAN機器の不具合で無償交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとNECアクセステクニカは7月17日、NECアクセステクニカ製の無線LAN機器「AtermWL5400AP」と「AtermWL54TE」で、一部部品の不良で動作が停止する場合があるとして、商品本体を無償で交換すると発表した。

 無償交換の対象となるのは、2003年12月から2006年6月までに出荷し、店頭販売もしくは、KDDI、ソフトバンクテレコム、NECビッグローブの各ISP事業者経由でレンタル提供している、アクセスポイントのAtermWL5400APと無線LANカードのAtermWL54TEの2機種と、この2機種を含む無線LANセット商品「AtermWL5400APワイヤレスセット(TC)」「AtermWR7600Hワイヤレスセット(TE)」「AtermWR6600Hワイヤレスセット(TE)」「AtermWR7800Hワイヤレスセット(TE)」の4種類。合計出荷台数は約14万8000台となっている。

 機器内部に使用している電気部品の一部で、経年劣化が早く進行、その結果として、機器内部の電圧が不安定になり、動作が停止することがあるという。動作停止時、まれに微少の煙が発生することがあるが、難燃性素材を採用しているため、発火の可能性はないとしている。また、発生する煙には、健康に影響を与える有害物質は含まれていないという。

 17日からウェブサイトで情報を公開するほか、18日から対象商品を購入しユーザー登録しているユーザーに、メールで通知する。また、専用の交換受付ページおよび電話窓口(0120-043344)を設けて対応するとしている。

-PR-企画特集