logo

マイクロソフト、GPLv3への関与回避で声明 - (page 3)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年07月09日 10時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかし、Microsoftの見解は異なる。

 Microsoftは声明を出し、「MicrosoftがNovellとの相互運用関連の提携で同社のサポートサービスクーポンを配布したのはGPLv3ライセンスを受け入れたことを意味する、との主張もあるが、そのような主張には、契約や知的財産をはじめ、いかなる法律においても法的根拠があるとは思えない。Microsoftは、GPLv3の本文やその派生結果として暗黙のものとなる、あるいは明示される特許権は一切これを認めないし、GPLv3ライセンスには、いかなる形でもMicrosoftを代表する権限も縛る権限もない」と述べている。

 Novellは特許の問題に関し、MicrosoftもしくはFSFに同意するかどうかについて明言を避けている。広報担当のBruce Lowry氏は、「われわれが公に法解釈を披露することはない」と語っている。

 ことMicrosoftのNovell SLESサポートクーポンに関しては、抽象的な議論が現実的になってくる。オープンソースのファンや、Groklawを開発したPamela Jones氏は、取り組みに対する姿勢を弱めたMicrosoftを非難したが、Microsoftは適用対象が今後配布されるクーポンのみであることを明言している。

 Microsoftの知的財産およびラインセンス担当バイスプレジデントHoracio Gutierrez氏は声明のなかで、「MicrosoftのNovellクーポンを既に使用した顧客に関して影響はない。これらのクーポンにはNovellが完全に対応しており、顧客もGPLv3のライセンスが登場する前に使用済みだ。これらのクーポンは今後、Microsoftとは関係のないNovellと同社の顧客が直接結ぶサポート契約の一部になる」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]