ITX-EG、米WindSpringとデータ小型化技術で販売提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ITXの100%出資会社であるITXイー・グローバレッジ(ITX-EG)は6月25日、米WindSpringと、同社の開発したデータ小型化技術「DMT(Data Miniaturization Technology)」とソフトウェア製品について販売提携したと発表した。

 DMTは、アプリケーションデータをデータ解凍なしに高速で操作できるフォーマットである「MDF(Micro Data Format)」へと小型化する技術。マッピングデータの全体的なサイズを削減し、デジタルマッピング関連アプリケーションの機能を向上させることができ、よりリッチでより関連あるコンテンツやサービスの提供を可能にするという。

 ITX-EGは今回の提携で、インダッシュ型カーナビゲーションシステムや携帯型ナビゲーション機器(PND:Personal Navigation Device)への搭載に焦点をあて、日本、中国、韓国市場へ向けてDMTの販売を行うとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加