logo

ビジネスへの貢献度1位のサイトはオムロン--日本ブランド戦略研究所調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ブランド戦略研究所はこのほど、ターゲットへのリーチから問い合わせまでの一連のビジネスプロセスの中で、ウェブサイトがどのように営業を補完しているか、ビジネス貢献度を評価する「BtoBサイト調査2007」の結果を発表した。

 調査によると、ターゲットのうちユーザーでかつニーズ充足者の割合を表すニーズ充足者が最も多かったのは、オムロン(FA・制御機器)47.0%で、ターゲットに占めるユーザーの割合が対象サイトの中で最も高かった。トップ10は以下の通り。

1位オムロン(FA・制御機器)47.0%
2位デル(サーバ・ストレージ)39.0%
3位TOTO(建材・住設機器)37.8%
4位キーエンス(FA・制御機器)34.8%
5位三菱電機(FA・制御機器)33.4%
6位INAX(建材・住設機器)31.4%
7位松下電工(建材・住設機器)30.0%
8位NTN(機械部品)29.2%
9位日本HP(サーバ・ストレージ)29.0%
10位松下電工(建材・住設機器)28.8%

 調査は15の製品・サービス分野別に抽出したBtoBの製品・サービスの購入関与者に288の対象サイトを提示し、インターネットで調査したもの。有効回答数は1万2000人。

-PR-企画特集