年会費3900円で常にお急ぎ無料配送--アマゾンが会員制プログラムを開始

鳴海淳義(編集部)2007年06月08日 13時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.co.jpは6月8日、会員制プログラム「Amazon プライム」を開始した。年会費3900円を支払えば、日本全国を対象としたエクスプレス配送サービス「お急ぎ便」が使い放題になる。1つのアカウントで同居の家族2人までを家族会員として追加登録できる。

 Amazon.co.jpでは通常1500円以上の購入で配送料が無料となるが、Amazon プライムに入会することで、最低購入額を気にしたり複数商品をまとめて注文したりする必要がなくなる。会費を払っておけばいつでも配送料無料が適用され、しかも通常の配送ではなく、関東地方であれば注文確定当日または翌日に商品が届く「お急ぎ便」が回数無制限で利用できる。

 このプログラムはAmazon.co.jpにおける100万点近くの商品が対象。携帯電話からの注文にも適用される。会員となると商品ページの中央上部にデフォルトで「1-Click お急ぎ便」という注文ボタンが表示されるようになる。

 ただ、指定の配送先住所が沖縄および離島の場合はお急ぎ便が利用できないため、通常配送のみとなる。また1-Click お急ぎ便を利用せずに通常通りショッピングカートに商品を入れて注文を確定しても、対象商品であればAmazon プライムを利用できる。

070608_amazon2.jpgAmazon.com創業者兼CEOのJeff Bezos氏

 Amazonのヘビーユーザーには嬉しいサービスだが、気になるのはAmazon側の費用対効果だ。Amazon.com創業者兼CEOのJeff Bezos氏は、「Amazonにとっては非常にコスト高となる。会員は利用頻度が高く、常にお急ぎ便を利用できる。そのため当初はコスト増となるが、これは非常に意義のある投資だ。短期的に見れば負担増となるが、長期的にみればメリットがあるだろう」と述べた。

 米国Amazon.comは2005年2月よりAmazon Primeを年間79ドルで提供している。米国以外で同プログラムを提供するのは日本が初。「日本のサービスレベルを上げていくために、さらなる投資を続けていく」(Jeff Bezos氏)方針だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加