日立と松下、大画面プラズマディスプレイパネルの相互供給で協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所と松下電器産業は5月24日、プラズマディスプレイパネルの相互供給について協業することで合意した。

 両社は、2005年2月にプラズマテレビ事業の包括的協業に合意し、開発、生産、マーケティング、知的財産権の各分野において関係強化を図っているが、今回の協業は、これをさらに発展させ、より一層の協力関係の強化を図るもの。

 今回の合意により、2007年度より松下から日立に103V型のプラズマパネルの供給を開始し、2008年度からは日立から松下に85V型のプラズマパネルの供給を開始する。

 両社は本協業により、パネルなどの部材の相互供給や開発資産の共有などを行うことで、薄型テレビの大画面製品へのシフトを見据えた製品ラインアップの充実や、抜本的なコストダウン、開発効率の向上など、事業のさらなる効率化を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加