ライフボート、小中規模ネットワークの情報漏洩を防ぐアクセス制御ツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライフボートは5月21日、ハンガリーのEagleEyeOSが開発したアクセス制限ツールの日本語版「AccessBlocker EX Version 3.0 with EagleEyeOS」およびエントリモデルとなる「AccessBlocker Version 3.0 with EagleEyeOS」の販売を、6月22日から開始すると発表した。

 AccessBlocker EX Version 3.0 with EagleEyeOSは、SOHOやWindowsベースの小中規模ネットワーク環境に適した、情報漏洩対策ソフトウェア。ファイルアクセスやイベントログの収集、および監視・警告機能を備えている。

 ユーザーごとのアクセス制限により、第三者のアクセスをシャットアウト。内部からの情報脱出を阻止し、さらにアクセス権限をもつユーザーによる情報持ち出しも阻止する。

 他のPCからの共有フォルダへのアクセスを制御するとともに、PCに接続される可能性のあるデバイスからの情報漏洩に備え、リムーバブルメディアを使った情報持ち出しもシャットアウト。警告やログの送信による証拠保全にも対応している。

 AccessBlocker EX Version 3.0 with EagleEyeOSの価格は、1ライセンスあたり2万1000円、エントリモデルとなるAccessBlocker Version 3.0 with EagleEyeOSの価格は、1ライセンスあたり1万5540円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加