Office 2004 for Mac向けOpen XMLファイル変換コンバータが提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトのマッキントッシュビジネスユニット(Mac BU)は5月16日、「Office 2004 for Mac」および「Office v.X for Mac」のユーザー向けに、Open XMLファイル形式のWord文書をリッチテキスト形式(RTF)に変換する「Microsoft Office Open XML File Format Converter for Mac」のベータ版の提供を開始した。Mac BUのウェブサイトからダウンロードできる。

 Office Open XML Converterは、Windows版のOffice 2007で作成されたOffice Open XMLファイルを、Office 2004 for MacおよびOffice v.X for Macと互換性のあるリッチテキスト形式に変換する単体アプリケーション型のコンバータ。

 今回提供を開始したベータ版は、最終的な統合型コンバータが提供可能になるまでの一時的なソリューションとして開発されたもので、Open XMLファイル形式のWord文書(*.docx)およびWordマクロ有効文書(*.docm)が変換可能となっている。

 変換するOpen XMLファイルをコンバータのウィンドウ内にドラッグ&ドロップすることにより、Open XMLファイルに読み取り専用でアクセスし、リッチテキストファイルに変換することができる。複数のファイルを一度に変換することも可能。英語版での提供となっているが、日本語を含む各国の言語で作成されたファイル変換を行うことができる。

 なお、PowerPointおよびExcelのドラッグ&ドロップ変換を可能にする更新を、今夏にMicrosoft AutoUpdateより提供するとしている。Office 2004 for Mac用コンバータの最終版は、読み書き両方の機能を搭載した統合型のソリューションとして、「Office 2008 for Mac」の発売から6〜8週間後に出荷の予定としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加