ビデックスと東映アニメーション、Windows Media Center利用のVODサービス発表

瀬井裕子(編集部)2007年05月16日 19時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビデックスと東映アニメーションは5月16日、Windows Vistaの独自技術を利用したリモコン操作で簡単に有料動画を視聴できる新しいビデオ・オン・デマンド(VOD)システムを発表した。6月下旬からは東映アニメーションが運営する「東映アニメBBプレミアム」でVOD配信サービスを開始する。

 新VODシステムは、利用者が動画を視聴しながらリモコン操作によって画面右隅に表示されるメニューを選択しできるもの。Windows Media Centerにより、テレビのチャンネルを選択するような手軽さで画面切り替えなどをできるという。

 動画の配信には、ビデックスが開発した映像管理ツール「VIDEX STATION」を利用。同ツールはダウンロード開始からすぐにコンテンツを再生する機能を持つ。

 両社は、東映アニメーションが持つコンテンツを利用し、VODの利用を広げる目的で事業提携した。Windows Vistaと連動することで、東映アニメBBプレミアムの利用者の拡大を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加