logo

MySpaceに新たなビデオチャネル登場へ--New York Timesなどと提携

文:Anne Broache(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年05月16日 12時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MySpace.comは米国時間5月15日、National Geographic SocietyやNew York Timesなどとの提携を通して、プロが撮影した映像コンテンツのポータルサイトへ生まれ変わる計画を発表した。

 News CorporationのソーシャルネットワーキングサイトであるMySpaceは、映像コンテンツ提供を拡充する取り組みの一環として、「大手通信社」のニュースやライフスタイル関連映像を放送する10件以上のチャネルを数カ月以内に立ち上げる予定だ。

 MySpaceの映像担当ゼネラルマネージャーJeff Berman氏は、「ビデオチャネルをカスタマイズし、ユーザーにニッチエクスペリエンスを提供する中心点として活用できるよう、パートナーを支援している」と、声明の中で述べた。

 今回の取り組みは、オンライン映像サービスと従来の報道活動を組み合わせる最近の傾向を背景としたものだ。例えばYouTubeは、BBCやNational Basketball Association、CBS、Sundance Channel、および大手レコード会社と提携を結んでいる。

 New York TimesおよびReutersは、各種ニュースや娯楽的な話題に関する映像を提供する意向だという。またNational Geographicは、同社のアーカイブや、「Explorer」「The Dog Whisperer」「Naked Science」などのテレビ番組から、短縮版の映像を紹介していく。

 National Geographic Channelのゼネラルマネージャー代理を務めるSteve Schiffman氏は、一般ユーザーに人気の高いソーシャルネットワーキングサイトMySpaceについて、非常に急進的なデジタル戦略と同氏が語る戦略を進めるうえで「きわめて重要な拠点」と考えていると、同社の見解を説明した。

 電子メールによるインタビューに応じたNew York Timesの広報担当者Diane McNulty氏は、毎月6500万人もの訪問者を集めるMySpaceの「巨大な影響力」が提携の決め手となったと述べている。McNulty氏によれば、同社は今後数週間から数カ月の間に、別の映像関連提携について発表する予定だという。

 MySpaceに追加される「ライフスタイル」系チャネルは、音楽やスポーツ、その他のエンターテインメントコンテンツをカバーする見込みだ。例えば「Kush TV」は、ハードロックバンドKornの「Family Values Tour」やリアリティ番組を放送する。一方「Ripe TV」は若い成人男性向けのチャネルで、「美女や最新の音楽、エクストリーム系スポーツや時代の先端を行くコメディ、さらには目を見張るスタント」などを取り上げる。

 MySpace上の「Young Hollywood」は、ハリウッドスターへのインタビューを独占先行放送するチャネルだ。また「Expert Village」はMySpace版の新チャネルに、毎週10〜20本のハウツービデオを追加していく。同サイトの現在のライブラリは、「ドアのちょうつがいをうまくはめる方法」から「ジャンバラヤの調理法」まで、1万6000件以上の映像クリップを含んでいる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集