VAIO 10周年記念!伝統のスタイルに衣替えして新登場--ソニー VAIO「type T」 - (page 6)

text:永島和夫/Photo:津島隆雄2007年05月17日 13時06分
ソニー
VGN-TZ90
内容:ソニーのモバイルノートPC VAIO「type T」が大きくモデルチェンジを行なった。2005年9月以来、1年半以上ぶりの変更となる。特に今回はVAIO 10周年ということで、1997年登場の初代505のデザインを意識、液晶のヒンジ部分に装着した円筒風バッテリーを採用するデザインとなっている。Core2 Duoや2.5インチHDD、32Gバイト FLASHメモリ搭載モデルを用意するなど、中身も大きく進化しているのである。

手吹きのスペシャルカラー「ボルドー」も

 type Tといえば、以前から特別仕様の天板デザインを用意していたが、今回も特別なカラーが用意される。通常の「ブラック」と「シャンパンゴールド」のほか、カーボンの繊維模様がよくわかる「プレミアムカーボン」と職人が手作業で仕上げた「ボルドー」の4タイプだ。

 どれを選んでも高級感あるものとなるが、キーボードがブラックであることを考えると、最も無難な色はブラックに落ち着きそうだ。その上で、明るい色が好みならシャンパンゴールドだろう。シャンパンゴールドといってもシルバーに近い品のある色なので、誰にでも受け入れられる色だと感じた。  また、落ち着いた色の中にもシックな華やかさを求めるならボルドー、カーボンの素材感を楽しみたいならプレミアムカーボンも選択できる。

  • 高級感のある4つのカラー

  • コンパクトなACアダプター。ACコードはオプションでコンセントに直付けできるウォールマウントアダプターも選べる

  • オプションのケース類。左上のケースは付けたまま本体を開いて使えるタイプ。右の白いケースはバックスキン調で手触りは良好

スペックやカラーにこだわるなら「VAIO・OWNER・MADEモデル」

 以前のtype Tでは、店頭モデルに複数種類があった時期もあるが、新type Tでは1機種となる。CPUにCeleron M 423、1.8インチHDDの80Gバイト、DVDスーパーマルチドライブ、1Gバイトメモリ、標準バッテリーなどだ。また、カラーもブラックとなる。Windows VistaはHome Premiumを搭載、MS Office Personal 2007もプリインストールされる。

 これ以外に、ボディカラーを選んだり、Core2 Duoを選ぶ場合は「VAIO・ OWNER・MADEモデル」で仕様を選ぶ必要がある。

 OSやHDDをダウングレードし、付属ソフトなどを減らせば、店頭モデルよりも大幅に安くできる。また、フラッシュメモリを起動ドライブとする構成はちょっと値が張るが、店頭にはない構成だ。

 使用方法は人それぞれなため、どの仕様がベストなのかは人によって違う。店頭モデルでは求めるスペックと違うと考えるなら、迷わず「VAIO・OWNER・MADEモデル」を選ぶべきだ。


  • VAIO 「type TZ」の詳細情報・購入情報はこちら icon

  • VAIO Style(法人向け)のサービスについて
      VAIO Style(法人向け)では以下のサービスをご提供しております。
     ・3年間保証サービス
     ・オンサイト修理サービス
     ・24時間お見積もり発行サービス
     ・法人向け下取りサービス、資産売却支援サービス
     ・ご購入のVAIO本体の送料は無料

     各サービスの詳細はこちら icon

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]