Sleipnir 、日本市場での累計ダウンロード数が1000万件突破

鳴海淳義(編集部)2007年05月09日 16時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェンリルは5月9日、同社が開発するウェブブラウザ「Sleipnir」の日本市場における累計ダウンロード数が2007年4月27日までに1000万件を突破したことを発表した。2005年7月14日のSleipnir Version 2.0 ベータ版の公開から1年9ヶ月での達成となった。

 Sleipnirはプラグインによる機能拡張やユーザー自身でカスタマイズできる柔軟性が特徴。もともとはフェンリル代表取締役社長の柏木泰幸氏が個人で開発してきたが、2004年11月にSleipnirのソースコードを盗まれてしまうという事件があった。これが一つのきっかけとなり、2005年6月には資本金1000万円で「フェンリル株式会社」を設立。以後、アップデートを重ね、現在は自動アップデート機能を実装した「2.5.12」が最新版となっている。

 柏木泰幸氏は「日本国内だけで1000万もダウンロードされたことは非常に嬉しい。最近は企業のインターネット活用セミナーで紹介されるなど、個人ユーザーだけでなく、品質や仕事の能率を重視する企業のユーザーにも支持されてきており、開発者にとってとても大きな励みになる」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加