パーム、独自Linuxプラットフォームの開発を明らかに

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年04月11日 11時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Palmの最高経営責任者(CEO)Ed Colligan氏は米国時間4月10日、ニューヨークで開催したアナリストや投資家向けのカンファレンスで、Palmがスマートフォン「Treo」シリーズ向けに新しいLinuxベースのプラットフォームを開発していることを明らかにした。

 Colligan氏によると、このLinuxプラットフォームは「Palmの新しい基盤」になり、Palmとユーザー、開発者にさらなる柔軟性を提供するという。

 同プラットフォームは「何年も前」から開発が進められてきた、と同氏は話しているが、Palmがまだ「Palm OS」をサポートし、今後も同プラットフォームベースの製品を出荷し続けることを繰り返し強調した。

 同氏はそのほかの詳細を一切明らかにしていない。

 Palm OSを開発したPalmSourceを2005年に買収したACCESSは、2006年にPalm OSの永続的ライセンスをPalmに提供した。ACCESSはその後、Palm OSの名称をGarnet OSに変更している。またACCESSは独自にACCESS Linux Platformを開発している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加