コンピュータウイルス新種速報<4月4日発表>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【シマンテック】

◆「W32.Spybot.AQGF」(危険度=2、米国時間4月3日発見)・・・mIRCを介し、 弱いパスワードでプロテクトされているネットワーク共有へ拡散するワーム。 システムの脆弱性を悪用することによっても拡散する。また、標的のコンピュー タ上にバックドアを開く。被害状況:低、ダメージ:中、感染力:高。
詳細と対策

◆「W32.Whybo!inf」(危険度=1、米国時間4月3日発見)・・・「W32.Whybo」 ウイルスに感染したファイルに対する検出名。被害状況:低、ダメージ:低、 感染力:低。
詳細と対策

◆「W32.Whybo」(危険度=1、米国時間4月3日発見)・・・「exe」ファイル に感染するウイルス。被害状況:低、ダメージ:低、感染力:低。
詳細と対策

【トレンドマイクロ】

◆「PE_FUBALCA.A-O」(危険度=低、米国時間4月4日発見)・・・システムに 自身をインストール、ファイル感染、他の不正プログラム「HTML_FUBALCA.A」 の作成、不正プログラム「EXPL_ANICMOO.GEN」「TROJ_ONLINEG.ABF」「TSPY_A GENT.PQT」「TSPY_ONLINEG.AB」「TSPY_ONLINEG.KI」「TSPY_LINEAGE.FEY」 「TSPY_ONLINEG.AD」「TSPY_LINEAGE.FFA」「TSPY_ONLINEG.AB」のダウンロー ド、ファイルのダウンロード、ファイルの作成、HOSTSファイルの改変、Mutex の作成――を行う。対応パターンファイル:提供予定。感染報告:低、ダメー ジ度:高、感染力:中。
詳細と対策

【マカフィー】

◆「SpyDawn」(危険度=企業ユーザー:N/A、個人ユーザー:N/A、米国時間0 7年3月14日発見)・・・種別:プログラム、対応定義ファイル:4992、対応エ ンジン:4.4.00以降(現在5.1.00)。
詳細と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加