バラエティ豊かな韓国家電のトレンドを探る

佐々木 朋美2007年04月03日 08時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 韓国の家電製品をよく見ると、日本とは異なっている部分が多く見られる。キムチ冷蔵庫といった、いかにも韓国らしいものでなくても、形や大きさ、デザインや機能など、韓国の人の好みやニーズが大いに反映された製品が多い。全体的に見てみると日本より大型で、鮮やかな色・模様のものが多いようだ。とくに最近は部屋に置いても違和感がないようデザインされるなど、家電のインテリア化も進んでいる。今回はそんなバラエティ豊かな韓国家電の世界をのぞいてみよう。まずは洗濯機。韓国では現在、ドラム式洗濯機が流行だ。一般の洗濯機はモーターで水流を作りその力で汚れを洗い流すのに対し、ドラム洗濯機は横にした洗濯槽を回し、上から下に落ちる水で汚れを流すので水が少なく済む。本体価格は比較的高めで場所もとるが、現在各家電メーカーの主力商品ともなっているので広告合戦は盛んだ。LG電子の「スチーム トロム アロジーケア」は、ペットの毛や花粉などを原因としたアレルギー予防までできるドラム式洗濯機だ。洗濯槽の内部を、洗剤内のたんぱく質分解酵素がもっとも活性化される55〜60度の高温にすることで、アレルギー源となる成分を分離。すすぎの回数や強さも高め、衣服からアレルギー源を完全に洗い流すことができる。アロジーケアによる洗濯効果は、英国の「BAF(British Allergy Foundation)」から認証を受けるなどその実力はお墨付きだ。
Scroll Right Scroll Left

 韓国の家電製品をよく見ると、日本とは異なっている部分が多く見られる。キムチ冷蔵庫といった、いかにも韓国らしいものでなくても、形や大きさ、デザインや機能など、韓国の人の好みやニーズが大いに反映された製品が多い。全体的に見てみると日本より大型で、鮮やかな色・模様のものが多いようだ。とくに最近は部屋に置いても違和感がないようデザインされるなど、家電のインテリア化も進んでいる。今回はそんなバラエティ豊かな韓国家電の世界をのぞいてみよう。まずは洗濯機。韓国では現在、ドラム式洗濯機が流行だ。一般の洗濯機はモーターで水流を作りその力で汚れを洗い流すのに対し、ドラム洗濯機は横にした洗濯槽を回し、上から下に落ちる水で汚れを流すので水が少なく済む。本体価格は比較的高めで場所もとるが、現在各家電メーカーの主力商品ともなっているので広告合戦は盛んだ。LG電子の「スチーム トロム アロジーケア」は、ペットの毛や花粉などを原因としたアレルギー予防までできるドラム式洗濯機だ。洗濯槽の内部を、洗剤内のたんぱく質分解酵素がもっとも活性化される55〜60度の高温にすることで、アレルギー源となる成分を分離。すすぎの回数や強さも高め、衣服からアレルギー源を完全に洗い流すことができる。アロジーケアによる洗濯効果は、英国の「BAF(British Allergy Foundation)」から認証を受けるなどその実力はお墨付きだ。

 韓国の家電製品をよく見ると、日本とは異なっている部分が多く見られる。キムチ冷蔵庫といった、いかにも韓国らしいものでなくても、形や大きさ、デザインや機能など、韓国の人の好みやニーズが大いに反映された製品が多い。全体的に見てみると日本より大型で、鮮やかな色・模様のものが多いようだ。とくに最近は部屋に置いても違和感がないようデザインされるなど、家電のインテリア化も進んでいる。今回はそんなバラエティ豊かな韓国家電の世界をのぞいてみよう。まずは洗濯機。韓国では現在、ドラム式洗濯機が流行だ。一般の洗濯機はモーターで水流を作りその力で汚れを洗い流すのに対し、ドラム洗濯機は横にした洗濯槽を回し、上から下に落ちる水で汚れを流すので水が少なく済む。本体価格は比較的高めで場所もとるが、現在各家電メーカーの主力商品ともなっているので広告合戦は盛んだ。LG電子の「スチーム トロム アロジーケア」は、ペットの毛や花粉などを原因としたアレルギー予防までできるドラム式洗濯機だ。洗濯槽の内部を、洗剤内のたんぱく質分解酵素がもっとも活性化される55〜60度の高温にすることで、アレルギー源となる成分を分離。すすぎの回数や強さも高め、衣服からアレルギー源を完全に洗い流すことができる。アロジーケアによる洗濯効果は、英国の「BAF(British Allergy Foundation)」から認証を受けるなどその実力はお墨付きだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加