デジタルラジオ番組拡充へ--4月からの新編成を発表

加納恵(編集部)2007年03月27日 18時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルラジオ推進協会は、4月からのチャンネル増加に合わせ、新編成方針について発表した。

 デジタルラジオは2003年10月から、関東、近畿の一部の地域にて実用化試験放送を行ってきた。通常の音声放送に加え、文字、静止画、簡易動画によるデータ放送まで、多彩なサービスを受けられることが特長だ。

受信可能エリア デジタルラジオの受信可能エリア。デジタルラジオ推進協会のウェブでも詳細地図が公開されている

 昨年末にはワンセグとの共用受信機の発売、関東エリアにおける送信出力の増力、受信エリアの拡大など、インフラも整備されつつある。

 こうした市場を背景に、今年4月からは関東エリアにおける新チャンネルがスタートし、多チャンネル化への第1歩を踏み出した。

東京エリア 東京エリアのチャンネルラインアップ
受信可能エリア 大阪エリアのチャンネルラインアップ

 同協会では、高音質、多様化多チャンネル編成を始め、放送時間の延長、データ放送の駆使、新規ビジネスモデルの開発、などを新編成方針に盛り込んでいる。

 受信機も、auの携帯電話に搭載されたことに加え、PCカードやUSB接続のデジタルラジオ、ワンセグ受信チューナーなどが登場してきており、用途に合わせチョイスできるようになってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加