J:COM、CATV網を利用した緊急地震速報の実証実験を開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジュピターテレコム(J:COM)は、ケーブルテレビ(CATV)網を利用した家庭向け緊急地震速報の実証実験を開始する。

 この実証実験は、気象庁が配信する「緊急地震速報」を、ケーブルネットワークを利用して家庭向けに告知するという内容で、2007年4月以降に社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が実施する「JEITA緊急地震速報CATV用特化モデル拡大実証試験」に参画するもの。

 地震が発生した際に、気象庁と気象業務支援センターが配信する地震規模や震源といった情報を、J:COMのセンターでエリアの予測震度、大きな揺れの到達までの猶予時間を算出、J:COMの利用者宅に音声やアラーム、警告灯などで告知する。

 J:COMでは、グループ内の数局において2007年5月から本情報を家庭向けに提供するシステムの構築に着手し、6月から端末機器やサービス品質などの検証を約3カ月間行う予定。実験にて得られた結果と需要の動向を見据え、一般家庭に向けた緊急地震速報サービスの商用化を検討していく。

イメージ図 (1)地震発生
(2)全国に設置された地震計によって、大きな揺れ(S波)の前に伝達される小さな揺れ(P波)を検知し瞬時に規模(マグニチュード)・震源(緯度・経度)を算出
(3)算出されたデータを気象庁・気象業務支援センターから配信
(4)配信されたデータをもとに、J:COMのセンターでエリアの予測震度、大きな揺れの到達までの猶予時間を算出
(5)J:COMのユーザー宅に、予測震度、大きな揺れの到達までの猶予時間を音声、アラーム、警告灯などで告知
  • このエントリーをはてなブックマークに追加