logo

文書作成や資料作成の必携ソフト「JUST Suite 2007」(後編)

ハーティネス 高橋慈子2007年03月26日 14時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャストシステム
内容:第2回目となる今回は、仕事にプライベートに欠かせない表計算ソフト「三四郎2007」、新たに加わったプレゼンテーションソフト「Agree 2007」、グラフィックソフト「花子2007」を中心にご紹介する。ソフト単体でも便利だが、せっかくの統合ソフトである。たとえば一太郎2007の文章と三四郎2007でつくった売上表、それらをAgree 2007でまとめる──といった具合に連携させることで、作業をさらに効率化する強力なパートナーとなるのである。

 7つのビジネスソフトが1つのパッケージに入っているオフィス統合ソフト「JUST Suite 2007」。表計算ソフト「三四郎2007」、統合グラフィックソフト「花子2007」は、これまでも単体あるいは一太郎とのパックで長年販売されている実力のあるソフトだ。ユーザーの声を取り入れて、実用的な機能を強化しながらバージョンアップしてきただけあって、使いやすさが大きな魅力となっている。また、プレゼンテーションソフト「Agree 2007」は、必要な機能を備え、多彩なテンプレートやイラストがそろった即戦力になるソフトである。

関数がわからなくてもOK!表計算ソフト「三四郎2007」

  • 「兆億万」「千/百万単位」など、日本の商習慣に合わせた表記が用意されている

 三四郎2007は、集計や計算、グラフ機能など、基本的な表計算の機能を備えた表計算ソフトだ。2年ぶりのバージョンアップで三四郎 2007になり、きめ細かな使い勝手も向上している。たとえば、シート上の複数のセルを選択すると、自動的に計算結果がステータスバーに表示されるようになった。合計(Sum)、平均(Avg)、最小値(Min)、最大値(Max)、データの個数(Count)、数値データ(CountNum)から必要に応じて選択することができる。計算式を設定しなくても済むので、「この範囲の合計を見たい」「ここまでのデータの個数は──」などとシートを作成しているときに、確認をするのにも便利だ。

 資料の作成で欠かせないグラフの機能も一通りの種類がそろっている。三四郎 2007ではグラフのカラーデザインが一新され、やわらかな中間色を使って見やすくなった。

 表の書式を設定できる表書式のデザインも変わり、一太郎文書のスタイルセットに合わせ、一太郎文書によりなじむものになっている。手間をかけずに、見やすく美しい資料を作成できる。

 新機能でおもしろいのが、ATOKで三四郎の関数が変換できるという機能だ。ユーザー登録するとツールをダウンロードでき、利用できる。「ごうけい」「へいきん」などと入力して、変換すると「=Sum」「=Avg」などの省入力候補が表示されるユニークな機能だ。関数が苦手という人でもこれなら抵抗感が少ないだろう。

 また、Excelファイルとの互換性にも優れており、Excelファイルを三四郎 2007で開いたり、Excelファイル形式で保存できるので、これまでに作成したデータを手直して利用したいという人でも安心だ。Excelとの違いは、「兆億万」「千/百万単位」など、日本の商習慣でよく使われる表記にも対応していること。パッと見てわかりやすい表記にできるので、売上高の一覧を作成する時などに役立つだろう。

 ヘルプもわかりやすく作られているので、表計算ソフトは使ったことがないという人も、三四郎から表計算ソフトをはじめてはどうだろう。

  • 範囲指定した部分の計算結果が自動的に表示されるオートカルク機能。計算結果やデータの個数などを、手軽に確認できて便利

  • 中間色にカラーデザインが一新され、美しくなったグラフ

  • 一太郎になじむデザインの表書式が用意され、見やすくきれいな表がすぐに作成できる

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集