logo

マイクロソフト、米非公開企業Tellme Networksの買収を発表

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年03月15日 11時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間3月14日、音声認識技術を開発するTellme Networksを買収する計画であることを発表した、買収総額は8億ドル前後になると見られる。Tellmeはカリフォルニア州マウンテンビューに本拠を構える非公開企業。

 Microsoftは、音声認識や、テレフォニーとデータ通信が交差する分野の技術に関する深い専門知識をもった会社を取得することになる。Microsoftはかねてよりこの分野に強い関心を示してきた。

  CNET News.comは12日の報道で、両社の間で進行している買収交渉が今週中にも発表される見通しであることを伝えていた。

  買収は2007年第2四半期に完了する見通し。両社とも本買収の金銭的な条件を一切明らかにしていない。The Wall Street Journalは今週、Tellmeが8億ドルで買収される見通しだと報道していた。

 Microsoftはさまざまな方法でTellmeの技術を自社製品に統合することが考えられる。企業向けの製品でテレフォニー技術と電子メールシステムを統合することや、既存のソフトウェア製品への音声合成技術の搭載、携帯電話向けLive Searchの強化などが挙げられる。同社はまた、音声技術を利用したアプリケーションの開発を可能にするプラットフォームを社外の開発社向けに用意する計画も明らかにしている。

 Microsoft Business DivisionのプレジデントJeff Raikes氏は声明で、「われわれは音声技術の開発で大きな成果を収めてきたが、それでも、この技術で可能なことのごく一部しか実現できていない。Tellmeの買収により、Microsoftは既存の音声機能を強化し、顧客やパートナーに短期的および長期的な価値を提供できるようになる」と述べている。

 Tellmeの最近の取り組みの大半は、携帯端末に重点が置かれている。同社は先ごろ、ユーザーが欲しい情報を音声入力すると、そのデータが携帯電話に送信されるという携帯電話用アプリケーションのテストを開始している。またTellmeが同じくテスト中の2つ目のサービスでは、ユーザーが検索クエリをテキストメッセージで送信すると、検索結果が書かれたテキストメッセージが返信される。

 Raikes氏は3月に行われた最近のインタビューで、携帯端末が果たす役割や、音声とデータの融合の可能性について話した。だが、同氏もMicrosoftがTellmeを買収するとの憶測については具体的なコメントを控えていた。

 Raikes氏と、Tellmeの最高経営責任者(CEO)であるMike McCue氏は14日、ここ10年間ほとんど変化していない電話に、音声認識技術が重大な変化をもたらす可能性を秘めていると述べた。

 McCue氏は報道陣との電話会議のなかで、「これはいろいろな点で『ダイヤルトーン2.0』的だ」と述べている。

-PR-企画特集