楽天トラベル、2万軒以上の宿泊施設情報を利用できるAPI公開--第2弾サービスも準備中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は2月28日、インターネット総合旅行サイト「楽天トラベル」関連APIの一般公開を開始した。

 第1弾として、約2万1500軒の登録宿泊施設の詳細情報が取得できる「宿泊施設情報」やその空室状況がリアルタイムで取得できる「空室検索」、楽天トラベルで提供している地区コードを取得できる「地区コード」の3つのAPIを公開した。このうち空室検索APIは他社での公開例がなく、楽天トラベル唯一のサービスになるという。

 今回の3つのAPIの提供によって、外部の企業や個人ユーザーが楽天トラベルの宿泊施設情報を取得し、独自のサービスを構築できるようになった。楽天では、個人ユーザーが提供するサービスを通じて、楽天トラベルへのアクセス増大、流通の拡大を見込む。現時点では、「関心空間」や「はてな」が、楽天トラベル関連APIを活用したサービスを提供する予定だという。

 楽天は、1月17日から「楽天ウェブサービス」のサービス名で「楽天市場」のAPIを公開し、今回のトラベル関連API公開に至った。今後はトラベル関連APIの第2弾として、「キーワード検索API」や「施設検索API」などの公開を予定する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加