三菱総研など、IPv6対応モバイルIPフォンを開発--端末にグローバルアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱総合研究所とアイピートークはこのほど、IPv6に対応するモバイルIPフォンを開発したと発表した。

 今回開発されたモバイルIPフォンは、IPv6に対応することで、端末ごとにグローバルアドレスが付与されるため、無線LANを介してインターネットに直接接続できることが特徴。IP電話やPtoPアプリケーションがより容易に利用できるようになる。

端末 今回開発された端末

 モバイルIPフォンの開発では、三菱総合研究所がIPv6に関する技術を提供し、アイピートークがモバイルIPフォン開発技術を提供することで実現した。この端末は、IPv6の適合を認定する「IPv6 Ready Logo」に登録されており、モバイルIPフォンとして世界で2つめの製品となっている。三菱総合研究所とアイピートークは今後、市場調査や実験展開などを進めていく計画だ。

 IPv6は、現在のIPv4に対しグローバルアドレスを大幅に増加させる次世代のインターネットプロトコル。すでに米国防総省や日本の電子政府で採用が宣言されており、NTTなどによるサービスの普及も進んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加