ワンクリックで企業価値と財務を分析できる投資家向けシステムが発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブルー・マーリン・パートナーズ(BMP)は2月15日、企業価値評価システム「Valuation Matrix 2.0」を発表した。

 同社は、投資情報サービスやコンサルタンティングを事業展開する企業。今回の新システムは、同社のM&A業務に携わっていた創業メンバーを中心に、一般の個人投資家が簡単に企業価値評価(バリュエーション)できることを目的に開発された。

 同システムは、BMPが運営する個人投資家向けの会員制コミュニティサイト「Shares(シェアーズ)」内の主要コンテンツとして提供される。国内および米国の上場企業約2万4000社を対象に、瞬時に企業価値評価と財務分析を実行。企業価値と株価の差による株価の割安度や成長性、財務状態などをワンクリックでビジュアル的に表示する。

 また、今回発表されたシステムでは、他ユーザーの意見や評価の集計の閲覧が可能。ユーザー同士の企業分析結果の共有や意見交換が簡単に行える、ユーザー参加型のWeb 2.0的コミュニティを提供できるとしている。

 さらに、より専門的な個人投資家向けに、企業価値のシミュレーション機能や、他社との企業分析結果の比較する機能も提供。企業側は、自社の企業価値の分析するツールとして活用することもでき、投資コンサルティング業務を行う会計士や税理士、証券会社、ファイナンシャルプランナーなどが分析ツールとして活用するなど、幅広い層の利用が想定される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加