logo

KDDI、au解約者の顧客情報22万人分を紛失--記録媒体の状況分からず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは2月8日、au携帯電話サービスを解約した顧客22万4183人分の情報を記録した光磁気ディスク1枚を、栃木県小山市のKDDI小山テクニカルセンター内で紛失したと発表した。

 KDDIの調査によれば、1月25日の定期棚卸し時に、15日に作成した光磁気ディスク1枚が所定の保管キャビネット内に保管されていないことが判明。保管キャビネットがある情報システム運用室の入退室記録(静脈認証システムのログ、監視カメラの記録映像の確認)、運用担当者の聞き取りや作業の再現実施等により、光磁気ディスクの紛失を確認した。

 KDDIでは、光磁気ディスクは、情報システム運用室内で段ボールに紛れ込み、廃棄業者に引き取られ、溶解または粉砕処分された可能性が極めて高いとしている。

 紛失した光磁気ディスクに記録されていた顧客情報の内容は、2007年1月15日時点における、au携帯電話サービスを解約した顧客の一部である22万4183人分の名前、住所、生年月日、解約した時点の携帯電話番号、連絡先電話番号、管理用コード。なお、クレジットカード情報、銀行口座情報、通信記録は含まれていないという。

 KDDIでは、2006年6月のDIONの顧客情報流出をきっかけとして情報セキュリティの強化対策を行っていた。今回の紛失では、作業手順やチェック体制に不備があったとして、再点検および必要な改善策を実施するとしている。

-PR-企画特集