logo

ドコモ、フルブラウザやスマートフォンでも利用可能なパケット定額を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモグループ9社は1月31日、新たなパケット定額サービス「パケ・ホーダイフル」「Biz・ホーダイ」の提供を開始すると発表した。

 パケ・ホーダイフルは、iモード向けサイトに加え、iモードフルブラウザでのPC向けウェブサイトの閲覧やPC向け動画閲覧が、月額5985円の定額料金で利用可能となるサービス。利用対象者は、iモードを契約し、FOMA新料金プラン(FOMAデータプラン、FOMAユビキタスプランを除く、現在受付中の料金プラン)の利用者で、3月1日から提供を開始する。サービスの申込受付の開始は2月21日からとなっている。

 一方、Biz・ホーダイは、スマートフォン「M1000」および「hTc Z」でのパケット通信が、月額5985円の定額料金で利用可能となるサービス。mopera Uにおいて「Uスタンダードプラン」もしくは「Uライトプラン」を契約し、FOMA新料金プランの利用者が対象となる。サービス開始は4月以降の予定。

 両サービスとも、申し込みは、電話およびドコモのウェブサイトで受け付けるほか、ドコモeサイトや、ドコモショップなどでも受け付ける。

 なお、PHSサービスの事業終了に伴う「@FreeD」の代替サービスとして、データカード型FOMAでの64kbpsパケット通信が定額料金で利用可能な料金プランを秋頃から提供するとしている。

-PR-企画特集