logo

NECなど、盗聴困難なインターネット音声通信を開発--秘密分散共有を応用

ニューズフロント2007年01月29日 06時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東北大学とNECは1月26日、盗聴の困難な新しいインターネット音声通信技術を発表した。両組織は、実際に同技術ベースの通信システムを開発し、実証実験で有効性を確認できたという。

 新開発の技術は、東北大学の音声信号秘密分散共有技術と、NECのマルチパスルーティング技術を組み合わせて実現した。音声データを秘密分散共有技術で複数のサブデータに分け、マルチパスルーティング技術で各サブデータの転送ルートを変えて通信を行う。

 秘密分散共有技術で分散させた各サブデータは、集めても元の音声データに戻すことは難しい。そのうえ、各サブデータはマルチパスルーティング技術で異なる転送ルートを通るため、盗聴するには物理的に複数のルートでデータを収集しなければならず、実質的に盗聴不可能という。

 また、音声データを符号化する際の表現を工夫し、ほぼ完全な秘話性を確保したまま、秘密分散共有によるデータ増加量を約50%に抑える技術も開発した。

 同システムについては、3月20日から23日に名城大学天白キャンパスで開催される「電子情報通信学会2007年総合大会」で発表する予定。

システム構成 今回発表された新技術のシステム構成

-PR-企画特集