ペンタックス、3.0型液晶搭載モデルを含むコンパクトデジタルカメラ3機種を発売

エースラッシュ2007年01月23日 19時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペンタックスは1月23日、タッチディスプレイ方式の3.0型液晶搭載モデルなどコンパクトデジタルカメラ3機種を、2月上旬より順次発売すると発表した。

 今回発売されるのは、スタンダードクラスの「ペンタックス オプティオ M30」、3.0型の大画面液晶を搭載した「ペンタックス オプティオ T30」、エントリークラスの「ペンタックス オプティオ E30」の3機種。有効画素数はいずれも710万画素だが、T30のみ総画素数741万画素で、その他2機種は総画素数738万画素の1/2.5型CCDを採用している。光学ズームは3倍となっており、画角はM30が35mm判換算で38〜114mm相当、T30が37.5〜112.5mm相当、E30が36mm〜108mm相当だ。価格については3機種ともにオープン価格となっている。

ペンタックス オプティオ  M30 スタンダードクラスのオプティオ M30。カラーバリエーションは写真のネイビーのほか、シルバー、ワインレッドの3色展開

 M30は、従来シリーズから外観デザインを一新し、約18mmの薄型ボディに各機能をバランス良く搭載したスタンダードモデル。顔の位置を検知してピント合わせや最適な露出設定を自動で行う「顔認識AF&AE」機能、撮影状況を判断して被写体に最適な設定で撮影できる「オートピクチャーモード」により、さまざまな撮影シーンに対応することが可能だ。また、被写体の明るさに応じて感度がISO3200まで自動調整される「Digital SR」モードや、動画撮影時の手ブレを補正する「Movie SR」機能など、手ブレや被写体ブレを防ぐ機能も備えている。発売日は2月上旬、当初月産台数は9万台を予定している。

ペンタックス オプティオ  T30 3.0型の液晶モニタを搭載したオプティオ T30。人物撮影に便利な「顔認識AF&AE」機能を新採用する

 T30は、画像やメニュー画面の文字などが見やすい約23万画素の高精細な3.0型液晶を搭載したモデル。上下左右それぞれ約170度の広視野角により、斜めからでも画像が見やすくなっている。また、液晶画面のアイコンに直接触れることで各機能の設定や入力が行えるタッチディスプレイ方式の採用、付属のスタイラスペンを使って撮影した画像を楽しく加工できる「お絵かき」モードの搭載もポイントだ。M30と同様に、顔認識AF&AE機能やオートピクチャーモード、Digital SRモード、Movie SR機能なども搭載する。発売日は 2月下旬、当初月産台数は3万台の予定だ。

ペンタックス オプティオ  E30 エントリークラスながら有効画素数を約710万画素に高めた

 E30は、エントリークラスとしては最高レベルの710万画素を実現したモデル。外出先でも容易に入手できる単3形電池に対応しており、アルカリ電池使用時で約200枚の撮影が可能だ。また、静止画撮影時に各種設定を自動で行う「グリーンモード」、アイコンの一覧表示が分かりやすい「モードパレット」機能など、初心者でも使いやすい仕様となっている。液晶は2.4型で、カメラ本体を対応プリンターに載せるだけで写真印刷ができる「イメージリンク プリントシステム」にも対応する。発売日は2月下旬、当初月産台数は9万台の予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加