ケンウッド、独ボッシュ子会社と携帯用ナビ向け基盤を共同開発

ニューズフロント2007年01月15日 16時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケンウッドは1月12日、ドイツRobert Boschの100%子会社であるドイツBlaupunkt(BP)と共同で、世界展開する携帯用ナビゲーション機器(PND:Personal Navigation Device)向け技術の開発に取り組むと発表した。

 BPは、車載用の音響機器や通信アンテナなどを製造する企業。欧米で市場シェアが高く、地域特有の技術やノウハウを必要とする自動車向けナビゲーション分野で長い実績を持つという。2005年度の売上高は14億ユーロ以上、全世界の従業員数は9000人以上。

 ケンウッドとBPは、PND向け中核プラットフォームを共同開発し、2008年の商品化を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加