logo

Macworld開幕--S・ジョブズがついに「iPhone」「Apple TV」を披露 - (page 2)

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年01月10日 02時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10:35 a.m.

 GoogleのEric Schmidt氏が壇上に現れる。

 Schmidt氏は「Appleの取締役になれて光栄だ」と述べ、AppleとGoogleが合併して「AppleGooになるのはどうだろう?」とジョークを飛ばした。

 「新しいデバイスやインターネットのアーキテクチャで気に入っているのは、さり気なくいろいろなものをマージできるところだ。どちらの会社も、いつもベストを尽くすべきだ。Jobsは今日それをやって見せてくれた」とSchmidt氏は述べる。

 「Googleは特にAppleとの提携に向けて努力してきた。両社とも文化がとても似ている」(Schmidt氏)

 「Steveはデモの中でいくつかのコンポーネントを紹介したが、これらはパートナーからのマップデータなどをインテグレートして実現したものだ。新世代型データサービスとしては、最初の製品になる」(Schmidt氏)

10:37 a.m.

 次はYahooのJerry Yang氏が壇上に登る。「自分はApple取締役会のメンバーではないけど、この製品はぜひ使いたい」とYang氏は述べる。

 「電子メールについて提携できてうれしく思う。電子メールを皮切りに、ほかの人気サービスでもAppleと提携してゆきたい」と述べ、「oneSearch」をこの携帯電話に搭載させたいと付け加えた。

10:49 a.m.

 Jobs氏によると、iPhoneは米国では6月、欧州では第4四半期、アジアでは2008年に発売の予定。

 Jobs氏はiPhoneでの提携先について、Cingularの名を挙げた。5800万人の契約者を擁するCingularはベストな選択だと述べた。米国ではCingularが独占的なパートナーとなる。

10:55 a.m.

 Cingularの最高経営責任者Stan Sigmans氏も登壇。Sigman氏は携帯電話を見ないうちから提携に合意したと述べ、その後は新しい電話機のデザインを見るたびに驚かされたという。

10:59 a.m.

 「われわれはMacをつくり、iPodを作った。これにApple TVが加わり、iPhoneも仲間入りした。このなかでコンピュータと呼べるのはMacだけだ」

 「そこで本日、社名からComputerをなくすことを発表する。これからはApple Inc.と名乗ってゆく」

11:10 a.m.

 Jobs氏は「John Mayerさんがたくさんの製品について支援してくれた」と述べる。

 John Mayerさんが歌を熱唱。

 John Mayerさんは人々をハッピーにする製品を作っているとしてJobs氏を称賛する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]