Ask.com、最新の検索インターフェースを実験する新サイトを開始

文:Stefanie Olsen(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年12月21日 18時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ask.comは今週、最新の検索インターフェースのテストを静かに開始した。自社の技術力を示し、大手Googleに再度挑む狙いだ。

 InterActiveCorp(IAC)傘下のAsk.comは、検索分野において長いこと目立たない企業で、2006年に「Ask Jeeves」から「Ask.com」に名称を変更している。Ask.comが今週公開した「Askx.com」は、ウェブサイト、画像、ニュース、動画を表示するユーザーインターフェースを簡素化したもので、Ask.comの将来の技術を試す実験場として位置づけられる、と同社は説明している。

 「現在のAsk Xバージョンでは、ユーザーはリンクリストを得られるだけでなく、洗練された3つのパネルで構成される新しいインターフェースを利用できる」と同社は述べている。左のパネルには検索のヒントや提案が表示され、中央のパネルには検索リストが並ぶ。そして右のパネルには動画、ショッピング、辞典などのリンクが表示される。

 Ask.comは先ごろ、地域検索サービス「AskCity」を開始したばかりだ。AskCity.comは、地図と、レストランなどその地域企業の一覧を表示する地域検索サービス。Ask.comによるAsk Xの立ち上げは、Googleの大きなリードにも関わらず、ウェブ検索の支配に向けた戦いはまだまだ続くことを強調している。ComScoreによると、この分野ではGoogleのシェアは45%以上で、Askは5.9%という。

 IACは、Google、Yahoo、MSNに大きく遅れをとっているからといって、Askを軽視するというわけではない。むしろ、GoogleがWi-Fiなどほかの市場に目を向けている間に、技術改善に投資することで、これら大手からシェアを奪うことを狙っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加