Jive、企業向けウェブコラボレーション分野に参入--Wikiやブログを活用 - (page 2)

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年12月19日 13時02分

 Hersh氏は、Jiveはいずれ、ウェブベースのインスタントメッセージングシステムや電子メールプログラムも同製品に搭載する意向だと明らかにした。

 ウェブベースのコラボレーションシステムを開発している企業にはIBMも含まれており、同社は「Lotus」コラボレーション製品にブログやスレッド式掲示板機能を追加する取り組みを進めている。また11月には、Intelが他社のWeb 2.0製品を組み合わせた「SuiteTwo」を発表した。同スイートには、SocialtextのビジネスWikiソフトウェアなどが同梱されている。

 Hersh氏によれば、Wikiやブログを利用したウェブベースのコラボレーションシステムは企業に浸透し始めているが、大規模なアプリケーションとして採用されるケースはまだ少ないという。Javaで開発されたClearspaceは大容量環境での使用に適しており、企業内や異なる組織間におけるコラボレーションを実現すると、Hersh氏は説明した。

 「Clearspaceは、ポイントソリューションよりは作り込まれているものの、ドキュメント管理システムほど複雑な構造にはなっていない」(Hersh氏)

 またJiveは、ネットワークディレクトリの統合や検索、WebDAVファイルシステムプロトコルサポート、管理者が掲示板の議論を統制する機能など、企業向けの特殊な機能も検討しているところだという。

 Clearspaceの価格は未定だが、Jiveは1ユーザー当たり年間いくらといった料金を設定するつもりだと、Hersh氏は述べている。

Clearspace Jive SoftwareのClearspace
提供:Jive Software

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]