大塚商会、ウイングのデータ活用ツール「Dr.Sum Standard」を販売

ニューズフロント2006年12月04日 21時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大塚商会とウイングアーク テクノロジーズは12月4日、ウイングアーク製デー タ活用ツール「Dr.Sum Standard」の販売に関する業務提携を発表した。大塚商会が 同ツールをライセンス販売するほか、保守・トレーニングを提供する。

 Dr.Sum Standardは、各種データを集計・分析するための中小企業および企業内 部門向けソフト。大規模データ向けの「Dr.Sum EAシリーズ」も用意している。2001 年5月の発売から2006年5月までのあいだに、Dr.Sum製品シリーズ全体で1300社、1900 本の導入実績があるという。

 Dr.Sum Standardを利用すると、Microsoft Excelやウェブブラウザを利用し、 業務現場の担当者が直接、要件に合わせてデータを集計、分析できる。「手間をかけ ずに集計分析環境を構築することが可能で、データの有効活用によって業務効率の向 上を図る」(両社)

 大塚商会はウイングアークの一次代理店となり、Dr.Sum Standardを販売してい く。2006年12月よりトレーニングサービスを提供するほか、2006年12月以降の新規保 守契約はすべて大塚商会が販売する。初年度に50本の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加