logo

B・ゲイツ氏:「人生をやり直すとしたら・・・」--TechNet Innovation Summitにて

文:Stefanie Olsen(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年11月16日 19時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州パロアルト発--米国時間11月15日にスタンフォード大学でのイベントに登壇したBill Gates氏には2つの顔があった。慈善家という顔と、競争心の強いMicrosoftの共同設立者であり会長という顔だ。

 Gates氏は繁栄はゼロサムゲームではないと述べる一方で、MicrosoftはApple ComputerやGoogle、ソニーといった競合他社に勝つ必要があるという考えを支持してもいる。

 テクノロジ企業の最高経営責任者(CEO)であるメンバーらによって開催され、2006年で3回目となる「TechNet Innovation Summit」において、Gates氏はテレビ番組の司会者であるCharlie Rose氏からインタビューを受け「われわれは、ナンバー1か、ナンバー1に迫る位置につける企業でありたい」と述べた。

 同氏は慈善活動に専念するために2008年にMicrosoftにおけるフルタイムの仕事から身を引く計画を発表している。しかし、この発言からは、Microsoftのテクノロジを引っ張っていくことに対して同氏が情熱を失ってはいないことを表している。

 Gates氏は、Apple ComputerによるiPodの成功を「驚異的で、信じがたく、素晴らしい」と語り、その一方で、Microsoftはメディアプレーヤーの「Zune」を世に送り出すにあたり、iPodにはない機能を盛り込んだとアピールした。同氏は「われわれは、Xboxで実現したような、ネットワーク化されたエンターテインメントを提供していく」と述べ、新たなユーザーを獲得するとともに、乗り換えたいと思っているユーザーを惹きつけるためのメッセージを送った。

 Gates氏はソニーについても触れた。Microsoftは周囲の予測に反して、PLAYSTATION 3より1年も早く、安くて格好の良いXbox 360を発売できたと同氏は述べ、ソニーとの地位は逆転したと発言した(Microsoftは最初の挑戦では、ソニーに手ひどくやられることになった)。

 「われわれはゲーム業界において、ゲームの世界と同様、再挑戦の機会を得ることができる。今回われわれは、Xbox 360を手にして、異なったルールの下で戦っている」(Gates氏)

 同氏はまた、検索大手のGoogleについて、優秀で才能のある人材を獲得しようとする意欲と、ビジネスに力を注ぐ姿勢が、Microsoftによく似ていると述べている。

 同氏は「彼らはソフトウェア企業であり、多くのものをインターネット経由で提供している」と述べるとともに、「われわれのビジネスは多くの分野で競合しており、その範囲は今後大きくなっていくことだろう。それは良いことだ」と語っている。

 とはいえ、同氏によれば、競争は「両社にとって楽しいもの」となっており、マッピング技術や自然言語翻訳技術といった分野での革新が促されているという。

 またオンラインメディアに関してGates氏は、複数の異なるオンラインコミュニティに参加する人が、活動状況や個人情報を1つのインターフェースでコントロールできるような技術をMicrosoftが開発したことを示唆した。

-PR-企画特集