東芝は第2世代へ突入--実売4万円台を含むHD DVDプレーヤー2機種を発表

加納恵(編集部)2006年11月15日 20時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HD-XA2 東芝から発表されたHD DVDプレーヤー。普及価格帯のHD-XF2と上位のHD-XA2の2モデルが登場

 東芝は実売4万円台のHD DVDプレーヤー「HD-XF2」(以下XF2)とフルHD出力を持つ「HD-XA2」(以下XA2)の2モデルを12月下旬より発売する。価格はともにオープン。

 東芝のHD DVDプレーヤーは、今年3月に第1世代機の「HD-XA1」が発売されており、今回のモデルが第2世代機となる。当初、実売価格11万円前後と発表された前機種に比べ、実売4万9800円を打ち出した普及機のXF2と高画質回路を搭載したXA2の2ラインアップにしたことが特長だ。

 発売にあたり、同社のデジタルメディアネットワーク社社長、藤井美英氏は「次世代DVDへとシフトしていく中、HD DVDはハード、ソフトともに十分に先行していると自負している。5万円を切る価格設定は、第1世代機登場のときから考えていたもの。HD DVDは私どもが思い描くシナリオ通りに動いている」と語った。

HD DVD発表会 発表会場では、冒頭挨拶を立った東芝の藤井美英氏(前列中央)とともに、HD DVDのハード、ソフトメーカー各社の代表者が登壇した

 両モデルともにHD DVDソフトを再生できるほか、HD DVD-ROM+DVD-ROMのツインフォーマットディスク、DVDビデオ、DVD-R、DVD-RWの再生が可能となる。

 PinP(ピクチャーインピクチャー)の動画機能やポップアップメニューなど、HD DVDならではのアドバンスド機能にも対応するほか、従来のDVDビデオソフトもハイビジョン画質の1080i(XA2のみ1080p)、720pに変換するアップコンバート再生機能を備える。

 また、ドルビーデジタルプラス、ドルビーTrueHD、DTS-HDといった次世代サラウンドフォーマット用のデコーダーも搭載しており、音質面でも最新の機能を装備した。

 高さ115mm、重量8.9kgと録再機並みのボリュームを誇った前機種に比べ、第2世代機では高さ65.5(XA2は74.4)mm、重量4.1(XA2は6.2)kgとスリムボディになっていることもブラッシュアップされたことの1つだ。

  • HD-XF2(実勢価格:4万9800円)
  • HD-XA2(実勢価格:11万円程度)
HD-XA2、HD-XF2 高画質機のHD-XA2(左)と普及機のHD-XF2(右)。両機種ともにHDMI端子1系統を装備する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加