CEOインタビュー:MSとノベルがサイバースペースにもたらした「平和」(後編)

文:Charles Cooper and Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2006年11月13日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Novellの控えめな最高経営責任者(CEO)Ron Hovsepian氏とMicrosoftの荒っぽいCEO、Steve Ballmer氏--ぱっと見には、ちぐはぐな組み合わせに思えるかもしれない。

 しかし、2人のCEOは当面--少なくともしばらくの間は--一心同体で事業に取り組む。米国時間11月2日、MicrosoftとNovellはマーケティングと特許の分野で包括的に提携することを発表し、これまで分断されてきたWindowsとLinuxの相互運用性を強化していくと述べた。

 このニュースは業界を驚かせた(提携交渉は4月に始まった)。MicrosoftとLinuxが手を組むというのは、信じがたいことだったからだ。もっとも、この提携によって両社のライバル関係が解消されるわけではない。今回の提携は顧客の要望に応えるためだと両社は言う。両社の顧客の間では、煩雑な技術作業や知的所有権侵害の訴訟リスクにさらされることなく、WindowsとLinuxを併用したいというニーズが高まっている。

 Ballmer氏とHovsepian氏はサンフランシスコのホテルで記者会見を行い、その直後にCNET News.comのインタビューに応じた。本編はインタビューをまとめた記事の後編である(前編はこちら)。

--他の企業とも同様の提携を結ぶ可能性はありますか。

Ballmer:あり得ると思います。Novellとの提携は多くの可能性のひとつです。このような提携を結び、市場をあっと言わせるのは楽しいですね。しかしもちろん、「訴訟を起こさない」という協定はNovellに限定されるものではありません。

--今回の合意はMicrosoftとNovellの10年に及ぶ長い争いに終止符を打つものでもありました。これはあなたがビジネスマンとして成熟したことを示しているのでしょうか。10-15年前と比べて、あなたが人間的にまるくなったと言えるかどうかは分かりませんが・・・

Ballmer:レトリックと競争は別の問題です。ほとんどの業界には激しい競争はあっても、レトリックの応酬はありません。しかし、この業界にはレトリックの応酬と競争の両方がありました。現在のところは、少なくとも商業面では、顧客はレトリックにはそれほど関心を持っていません。むしろ、彼らが求めているのは競争です。競争は価値を高め、技術革新を促進するからです。

 (Sun Microsystemsや同社の前CEOであるScott McNealy氏と)提携した時も、顧客が求めていたのはレトリックではありませんでした。彼らが求めていたのは競争やその他のものです。「われわれはWindowsとLinuxの両方を使いたい。レトリックは抜きにして、真剣に戦ってほしい。そしてWindowsとLinuxを同時に、円滑に運用できるようにしてほしい」--それが顧客の要望でした。

 この5〜7年を見れば、当社がレトリックを以前ほど利用していないことが分かるでしょう。競争力が低下したわけではありません。われわれは引き続き競争を有利に進め、商品を積極的に売り込んでいます。競争力は下がっていません。しかし、レトリックの応酬は減りました。

 業界の面々も成長しました。以前は産業も若く、人間も若かった。若い頃はレトリックの比重が高くなるのかもしれません。

 また、オープンソースの世界はほとんど宗教的とも言える熱気に包まれていました。しかし、Bank of America、JP Morgan、Citibankといった企業の周りではこのようなレトリックは見かけません。こうした企業も熾烈な競争を繰り広げていますが、レトリックの程度は異なります。

--顧客が具体的な製品を目にするのはいつ頃でしょうか。

Hovsepian:技術面では、なるべく早く形にしたいと思っています。今週はフィールドチームとキックオフ会議を開き、今日お話したようなことを説明するつもりです。

 現時点で、企業にとって最も魅力的なのは「特許訴訟を起こさない」という部分でしょう。この協定は即時に発効します。これはMicrosoftと当社の合意の一部であり、すべてのSUSEユーザーに適用されます。

--シアトル市の最高技術責任者(CTO)はこの協定を歓迎し、SUSE Linuxの魅力が高まったと述べています。シアトル市は一部のマシンのシステムをWindowsからSUSEに変えるかもしれません。Steveにとっては愉快な話ではないかもしれませんが・・・

Ballmer:それは彼の意見です。私は彼の上司に期待します。私に言えるのはそれだけです(笑)。

Hovsepian:率直に言って、この協定のためにシアトル市がWindowsサーバを一掃するようなことはないでしょうが、Steveが指摘した通り、競争は活発化すると思います。これはきわめて現実的な未来であり、そうした会話が起きる可能性は高いと思います。

 企業が稼働中のアプリケーションを削除したり、OSを変更したりすることは少ないでしょう。既存のアプリケーションは重要な役割を果たしています。競争の舞台となるのは新規のアプリケーション全般です。この分野で、われわれはユーザーを奪い合うことになります。開発環境をNovellのプラットフォームに移してもらいたいかと問われればもちろんですが、そのようなことはすぐには実現しないでしょう。そのためには開発者を説得しなければなりません。すべてはその点にかかっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加