HP、ペイパルの利用を自社販売サイトで

文:Candace Lombardi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2006年10月27日 21時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間10月26日、同社の販売サイトHPshopping.comのHP Home & Home Office Storeで買い物をする際に、PayPalの利用が可能になったことを発表した。HPによると、同サイトでは、クレジットカードなどの電子決済を使った買い物も可能だという。PayPalは、オンラインオークション大手のeBayが所有するオンライン取引のためのクリアリングハウスだ。PayPalを利用することにより、ユーザーは、個人の金融情報を守りつつ、クレジットカード、銀行預金口座、PayPalの口座残高を通じて代金の受け渡しができる。

 HPshopping.comでは、通常製品のほか、同社製のコンピュータや電子機器の中で過剰在庫の製品や修理調整された製品を扱うアウトレットストアも設けられている。またHPshopping.comは、HPのオンライン写真サービス「Snapfish」にもリンクされている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加