Google好調の一方で、YouTube人気は落ち着いたか?--ネットレイティングス調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットレイティングスは10月23日、2006年9月度のインターネット利用動向情報サービスの調査結果をまとめ、発表した。調査結果は以下の通り。

2006年9月のプロパティランキング比較
順位プロパティ利用者数
(千人)
ページビュー
(千頁)
1Yahoo! 3849723620350
2楽天 257294310439
3マイクロソフト 255261540285
4NTTコミュニケーションズ 241811494862
5GMOインターネット 233081344354
6ニフティ 21503996164
7NEC 19720827575
8FC2 178831005751
9アマゾン 17471565918
10Google 173801981274

 今回、初のトップ10入りを果たしたGoogleは、2005年同月の15位から利用者数を約500万人増やし、1738万人となった。この1年間のGoogleの成長率は43%、ページビューの成長率も68%と、他の上位プロパティを大きく上回る。

 ネットレイティングスでは、Googleの伸張に大きく寄与しているのは、「Googleツールバー」関連ページの利用者増とし、特に2006年8月から173万人も利用者を増やした要因は、Googleツールバー・アップデートのページとカスタマイズのページへの、利用者集中によるものと分析している。

 また、2005年からの成長の要因は、キーワード検索以外のサービスにおける利用者数増加によるものとしている。

 一方で、Googleが買収を発表した動画共有サイトYouTubeの利用者数の成長が、9月度において日米ともにかげりを見せ、9月は米国においてマイナス成長、日本においても横ばいという状況になった。

 ネットレイティングス代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は、「すでに海外でトップシェアを獲得しているGoogleが、日本でも徐々に利用者数を伸ばしたことで、今後のポータルサイトの競争の激化を」予想している。また、「YouTubeの利用者数の停滞は一時のブームが落ち着いたものと考え、今後のGoogleによるYouTubeのサイト運営に注目したい」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加