52万5000円のキーボードはいりませんか?

エースラッシュ2006年10月13日 18時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PFUは10月12日、高品位コンパクトキーボード「HappyHacking Keyboard(HHKB)」シリーズとしてアルミ削り出しフレーム採用モデルとキートップに輪島塗を施したモデルの2種類を、同日から完全オーダーメイドで限定発売すると発表した。

 キータッチと質感を追及したHHKBシリーズは、プログラマーやライターなどに多くの愛好家を持つ高品位なコンパクトキーボード。今回はHHKBシリーズ発売10周年を記念し、筐体にアルミ削り出しフレームを採用した「HHKB Professional HG」、加えてキートップに輪島塗を施した特別モデル「HHKB Professional HG JAPAN」の2種類が、完全オーダーメイドで限定発売される。

HHKB Professional HG JAPAN キートップに輪島塗を施したHHKB Professional HG JAPAN

 両モデルとも筐体にはアルミ削り出しフレームを採用、剛性のアップにより極上のキータッチを実現している。デザイン面では、表部分にヘアライン処理を、裏面はクロムメッキによる鏡面仕上げを施したスタイリッシュ仕上げとなっているほか、裏面にはユーザーの希望により名前をレーザー印字することも可能だ。

 ユーザーが自分のベストポジションに設定できるよう、キーボードの傾きを約1度単位で8段階に調節できるのも特徴。調整は六角レンチでレッグパーツを交換する方法となっており、六角レンチ、セットアップ用の竹製ピンセット、交換用のレッグが専用の木箱に納められている点もこだわりを感じさせる。

 そのほか、追従性と耐久性を追及した静電容量無接点方式、キー数を60種類に抑えた省スペース設計、UNIXやLinuxの入力に適した UNIX配列、WindowsとMacintoshどちらでも使えるマルチプラットフォーム対応、耐久性の高いキー刻印、制御キー割当などのカスタマイズ機能、USB2.0対応HUB 2ポートの標準装備といった、HHKBシリーズの基本スペックも踏襲されている。

HHKB Professional HG HHKB Professional HGは白と黒、刻印モデルと無刻印モデルが用意されている

 キートップのカラーおよび刻印は、HHKB Professional HG JAPAN(PD-KB500J)が朱金(漆)で無刻印のみ。HHKB Professional HGについては、白で刻印ありの「PD-KB500W」、墨で刻印ありの「PD-KB500B」、白で無刻印の「PD-KB500WN」、墨で無刻印の「PD-KB500BN」という4タイプがラインアップされている。

 価格はHHKBProfessional HG JAPANが52万5000円、HHKB Professional HGが26万2500円だ。販売に関しては「Pen Boutique 書斎館 Aoyama」と「AssistOn」の2店、加えて同社通販「PFUダイレクト」でのみの受け付けとなっている。

 なお、完全オーダーメイドのため、納品までにはHHKB Professional HG JAPANが注文後約3カ月、HHKB ProfessionalHGは約1.5カ月の期間が必要だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加