logo

グーグル、「Google Docs & Spreadsheets」ベータを発表

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2006年10月11日 15時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが、オンラインのワードプロセッサアプリケーションと表計算プログラムを組み合わせた、新しいウェブベースの生産性アプリケーションを提供開始した。同社はこの新製品を擁して、市場での足場を固める意向だ。

 Googleは米国時間10月11日、「Google Docs & Spreadsheets」のベータ版を提供開始した。ユーザーはこの無償プログラムを利用して、ドキュメントやスプレッドシートをウェブ上で作成、管理、共有することができる。

 同プログラムでは、複数のユーザーが同一のデータを同時にオンラインで編集できるほか、さまざまなファイル形式でデータをインポートしたり、エクスポートしたりすることが可能になっている。また、ドキュメントやスプレッドシートをウェブページやブログなどで公開することもできる。

 GoogleでGoogle Docs & Spreadsheetsのプロダクトマネージャーを務めるJonathan Rochelle氏によると、世間の憶測とは異なり、GoogleにはMicrosoftのOfficeによって独占されているデスクトップ生産性スイート市場からシェアを奪取するつもりはないという。

 「これらのプロダクトを組み合わせることは理にかなっていると考えた。また、ユーザーもそれを求めていた。われわれの戦略に変化はない。これはデスクトップ製品を補完するためのものだ・・・そのため、(デスクトップ製品に搭載されるような)先進的な機能に欠けている面もある」(Rochelle氏)

 Googleはこれまで、電子メールをはじめとする様々なサービスをウェブベースで提供しており、多くの人はこの動きをMicrosoftへの宣戦布告と見てきた。これに対し、Microsoftは2005年にビジネス戦略を変更し、「Windows Live」や「Office Live」ブランドの下、ウェブベースのサービスを提供するようになっている。

 Googleは2006年3月にウェブベースのワードプロセッサWritelyを買収し、6月にはウェブベースの表計算プログラム「Google Spreadsheets」を発表した。さらに最近になり、同社はWritelyをGoogleのアカウントで利用できるようにした。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集