Ajax関連ソフト開発のHOWSが第三者割当増資を実施--三菱商事が筆頭株主に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ajax関連製品の開発を手がけるHOWSは10月10日、三菱商事に対する第三者割当増資を8月16日に実施したと発表した。

 三菱商事は2月、同社の100%子会社で起業家支援を手がけるインキュベーション・ワンよりHOWSへの出資を行っていたが、今回、その後のWeb 2.0市場の拡大とHOWSの実績の伸長に伴い、追加出資を行った。これにより、三菱商事はHOWSの発行済み株式の約18%を取得し、HOWSの筆頭株主となった。

 今回の提携を通じ、三菱商事とHOWS株主であるフィット・ワン・ホールディングは、Web 2.0分野でHOWSとシナジーがあるベンチャー企業を発掘、評価し、HOWSとともに資本参加を積極的に行っていく。また、その上で当該ベンチャー企業のシステム開発およびビジネスモデル実現に向け、HOWSが技術面から支援し、三菱商事がマーケティング、営業面で協力する。

 一方、HOWSは、三菱商事とフィット・ワンのWeb 2.0関連のベンチャーに対する情報収集および評価能力を活用し、出資、技術支援、レベニューシェアというビジネスモデルを確立していく。また、三菱商事が従来から強みを発揮してきたBtoB、BtoC事業分野においても、Ajax、SNS、ブログ解析などを取り込んだサイトを立ち上げることにより、バーチャルとリアルの融合を図り、新たなビジネスモデルを構築するとしている。

 このほか、HOWSの中国、米国などへの海外展開に対し、三菱商事が支援を行うとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加