動画投稿サービス「AmebaVision」とテレビ番組が“融合”する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月6日から始まる新番組「うぇぶたま」(テレビ東京)で、サイバーエージェントは動画投稿サービス「AmebaVision」をコンテンツ発掘の場として提供する。

 うぇぶたまは、ネットにある優れたコンテンツを発掘し、DVD化やゲーム化など、さまざまな形でメジャーデビューを狙うバラエティ番組。毎週、キャラクター、音楽、ゲーム、マンガ、アニメーション、CGなどひとつのテーマのもと、コンテンツやクリエーターを紹介し、各業界のバイヤーたちがそのメディア化特権を獲得、実際にメディア化される様子をドキュメントスタイルで追跡取材する内容だ。放送はテレビ東京にて毎週金曜日、深夜1時30分からとなる。

 AmebaVisionは、サイバーエージェントが運営するブログメディア「Ameba(アメブロ)」の動画投稿サービスで、アメーバ会員登録をすれば動画投稿が可能となる。

 今回、サイバーエージェントは、AmebaVisionをコンテンツ発掘の場として提供。タグ入力欄で「うぇぶたま」と記入し、管理画面より投稿すれば、うぇぶたまに応募できる。

 サイバーエージェントは、個人が作成した作品は、クチコミ伝播に加え、テレビ視聴者へのリーチを通じて相乗的に普及していくことが期待されるとし、放送と通信の新しい連携に取り組むことで、メガヒットコンテンツの創造を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加