年内発売の公約を果たす--ソニー、Blu-rayレコーダー2機種を発表

加納恵(編集部)2006年10月03日 22時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、HDDを搭載したBlu-rayレコーダー「BDZ-V9」「BDZ-V7」(以下V9、V7)の2機種を発売すると発表した。価格はともにオープン。BDZ-V9が12月8日、BDZ-V7が12月16日より発売される。

Blu-rayレコーダー発表会風景 Blu-rayレコーダー2機種のほか、Blu-rayドライブ搭載VAIOも発表され、Blu-ray対応モデルが一気に出揃った

 両機ともにHDD、DVD±RW、±R、+R DL録再までサポートした3メディア対応レコーダー。V9が500Gバイト、V7が250GバイトのHDDを搭載する。

 Blu-rayドライブは最大4倍速の書き込みを実現しており、対応Blu-rayディスクは片面1層式(約25Gバイト)となる。カートリッジタイプのBlu-rayディスクは再生にのみ対応しており、片面2層式ディスクの再生は行えない。

 上位機種であるV9には、1080p出力や最大8チャンネルのリニアPCMサラウンドなど、Blu-rayならではの高画質、高音質技術を内蔵し、Blu-rayプレーヤーとしても高いポテンシャルを誇る。 また、デジタルレコーダー「スゴ録」シリーズでも人気の、PSPとの連動機能「おでかけ・おかえり転送」機能も内蔵した。

 好みの番組を自動で録画する「x-おまかせ・まる録」をはじめ、「携帯録画予約」「ダイジェスト再生」など、スゴ録でおなじみの機能はそのまま踏襲しており、使いやすさも魅力。

 本体にはHDV/DV入力端子1系統、USB端子1系統を備え、ハイビジョンビデオカメラの「ハイビジョンハンディカム」やデジタルカメラ「α」など、同社のハイビジョン機器との連携性にも優れる。各ハイビジョン機器からHDDへコンテンツを取り込み、Blu-rayディスクに保存するといった、ハイビジョン保存も可能だ。

 搭載チューナーは地上、BS、110度CSデジタル×2基、地上アナログ×1基で、「デジタル2番組同時録画」にも対応する。

 Blu-rayレコーダーの発売に合わせ、同社製のBlu-rayディスク「BNR130A」(BD-Rディスク、予想実勢価格:1800円前後)と「BNE130A」(BD-REディスク、予想実勢価格:2500円前後)も12月8日より発売される。

・BDZ-V9(HDD:500Gバイト/予想実勢価格:30万円前後)
・BDZ-V7(HDD:250Gバイト/予想実勢価格:25万円前後)
BDZ-V7、BDZ-V9 250GバイトHDD搭載のBDZ-V7(左)、500GバイトHDD搭載のBDZ-V9
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加