ソニー、ノートPC発火問題の火消しに本腰--バッテリーを自主回収へ

永井美智子(編集部)2006年09月29日 10時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーが製造したノートPC用リチウムイオンバッテリーが原因でノートPCの発火事件が起きている問題に関し、ソニーは9月29日、全世界的に自主交換プログラムを実施することを明らかにした。バッテリーを提供しているPCメーカーを通じて製品を回収する。

 PCメーカーではすでにDellとApple Computerがソニー製バッテリーの回収をしている。ソニーでは、取引先およびユーザーの満足度を考えた結果、ノートPCの発火に対する心配を払拭するために自主回収を決めたとしている。

 すでに米国消費者製品安全委員会とは話し合いを進めており、他の政府機関に対しても必要に応じて説明をするという。なお、プログラムの詳細は近日中に発表される予定だ。

 回収の対象となるバッテリーの数量やスケジュールについては、PCメーカーと相談の上で決定するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加