動画解像度を追求--日立、プラズマテレビ「Wooo」シリーズに3機種をラインアップ

加納恵(編集部)2006年09月26日 18時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は、プラズマテレビ「Wooo」シリーズの新製品、60V型1機種、50V型2機種の計3機種を発表した。60V型は1920×1080ドットのフルHDパネルを搭載しており、Woooシリーズ最大のインチ数となる。50V型モデルはHDD内蔵タイプと非内蔵タイプの2機種がラインアップされた。価格はすべてオープン、50V型はHDD内蔵タイプは11月中旬、HDD非内蔵タイプは11月下旬、60V型は12月下旬より発売される。

 各モデルともに垂直解像度1080ドットを実現した「1080ALISパネル」を搭載し、高精細な映像表現を実現。映像エンジンには独自開発の「Picture Master HD」を採用することで、動画解像度に優れ、映像本体の美しさを追求した。

 HDD内蔵タイプでは、250GバイトのHDDを標準装備している。HDクオリティを保ったまま、HDD容量を抑えつつ録画する「XCodeHD」を搭載しており、HD画質で約50時間、長時間画質モードで最長約286時間の録画を実現する。これにより250Gバイトながら、500Gバイト相当の録画が行える。

各モデルの特長は下記の通り。
・Wooo W60P-XR10000(HDD:250Gバイト/予想実勢価格:95万円程度)
Woooシリーズ最大サイズとなる60V型モデル。e-ALIS方式のフルHDパネルを採用し、コントラスト比5000対1を実現する。搭載チューナーは地上、BS、110度CSデジタル×2基、地上アナログ×1基の計7機となる。

・Wooo W50P-HR10000(HDD:250Gバイト/予想実勢価格:55万円程度)

HDDを内蔵した50V型モデルだ。1280×1080ドットの「1080ALIS」パネルを採用し、コントラスト比1万対1を実現した。輝度は1300cd/m2とパネルスペックは業界最高クラスとなる。搭載チューナーは、地上、BS、110度CSデジタル×2基、地上アナログ×1基の計7機となる。

・Wooo W50P-H10000(HDD:非搭載/予想実勢価格:50万円程度)

HDDを非内蔵にしたシンプルモデル。外観をはじめ、パネルスペックおよび搭載チューナーは「HR10000」と同様だ。

W60P-XR10000、W50P-HR10000 モニター、スピーカー、スタンドの薄さを強調した「Cutting edge Design」を採用した。(左)W60P-XR10000、(右)W50P-HR10000
  • このエントリーをはてなブックマークに追加