logo

KDDI、「W43H」と「W43CA」を9月21日に発売--モバイルSuicaに対応

エースラッシュ2006年09月19日 20時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは9月19日、CDMA 1X WINの新端末として「W43H」と「W43CA」の2機種を、9月21日より販売開始すると発表した。

 W43Hは日立製作所製の携帯電話端末で、ワンセグ放送に対応している。ワンセグ放送は最長約4時間15分の連続視聴ができるほか、外部メモリへの録画も可能だ。液晶は2.6インチワイドQVGA、カメラ機能は207万画素のオートフォーカス付きとなっている。

 W43CAはカシオ計算機製の端末で、持ちやすさ、開けやすさ等を考慮した曲線形状の「Heart Craft」をデザインコンセプトとしている。液晶は2.6インチワイドQVGA、カメラ機能は207万画素オートフォーカス付きとなっている。

 2機種ともFeliCa機能を搭載し、モバイルSuicaにも対応。またDBEX機能を搭載したことで原音に近いサウンドを実現し、ソニー製の高音質イヤホンを同梱している。

-PR-企画特集