ゴールネット、ドロップシッピング機能を搭載したSNS構築パッケージ「SNS-Master」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゴールネット(杉山剛太社長)は、ドロップシッピング機能、モバイル3キャリア対応、テキストマイニング機能など、企業SNS構築の際にニーズの多かった機能を新たに搭載した企業SNS構築パッケージソフト「SNS-Master」を発売する。価格は950万円。ドロップシッピング機能は年内に導入予定。また、これを機にエグゼコミュニケーションズ社と共同でドロップシッピング事業に参入する。

 メーカー系の企業にとっては、ドロップシッピング機能を導入することで、Web上に多数の販売代理店をもつことが可能となり、より広いチャネルで自社商品の販売が期待できるメリットがある。

 同社ではすでにSNSパッケージ「SNS-Pro」を販売していたが、営業活動のなかで、「より企業の利益に直結するような機能」「より広いユーザーをターゲットとすることができる機能」「マーケティング活動を行うことができる機能」など、特定の機能に対する企業の強いニーズを受けていた。今回の「SNS-Master」は、これらの要望を反映して開発したもの。

 新機能としては、(1)より企業の利益に直結する「ドロップシッピング機能」、(2)モバイル3キャリア対応、(3)テキストマイニング、(4)外部参照機能――など。「テキストマイニング機能」では、SNS内でとくに話題となっているテーマなどを吸い上げ、ユーザーの潜在的なニーズを把握することができる。「外部参照機能」では、ユーザーが生成するコンテンツを検索エンジンに表示できるより、SEO対策が可能となる。さらに、10万〜100万人以上の大規模コミュニティにも対応可能とした。

 同社では、「SNS-Pro」と「SNS-Master」をあわせて、年内30ほどの企業SNSサイト構築を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加